読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この3日間

千葉に行ってきました。最初は草刈りに行ってきたのですが、今までの邪気がありましたが、体を使って少しはストレスを軽減できました。しかし、本当はというと、心についてはまだストレスはあります。その見えない邪気をどう取り払うかということです。体と心はつながっていますので、その点気をつけないと、神経だけが先走りで、おかしくなります。よって病気などを発生させる要因のひとつです。

 

しかし、そのようなことがわからず、霊性などの見えない物事が多くあります。それをどうにかしないと、心の病は取り払えません。よって精神的にストレスを抱え込みおかしくなります。それを知らないと思いますが、人に嫌がらせをして、喜んでいる人もいます。言い訳としては、自分の肯定ですが、結局はそれぞれの観念のぶつかり合いといって逃げが始まります。

 

だから、人それぞれに戦わないと自分に負けてしまい、少しずつのずれが生じ敵手、いつの間にか経済では赤字になっています。また、自己の成長として、密教がなく、成長したほうがよりよく成長できます。これは自分がそのような状態で、幸せだったからです。そのほうがいろいろなことがわかります。

 

かつては、目には見えないしつけのことまで風評することが多くあり、それぞれに葛藤してました。が今は、そのような人もある程度、幸せを感じるようになり、しつけを重要視しています。だから、そのようなうわさも少なくなっていますが、神気の面においてはまだまだです。しかし、それで苦しんでいる人が多くなっていますので、これはよくありません。いまだに解決行かなくまともな人がうつ病になっていたりします。

 

縁のない人から神気で聞いたり、して精神的におかしくなって当然です。だって性格わかってないのに、それを強要して、意見や質問もできない状態だからです。

 

普通なら、質問をしたりして、その意図とそぐわなければ、とあります。が、まったくといっていいほど、強制です。これでは自分の意見ではなく、仏教用語で言えば、アーラヤ識、マナ識などのことも含め、心相続、薫習という見解を無視している状態です。

 

まさに、日本人の精神性を無視し、崩壊に向かっている常態です。だから、古きよき日本の教えがなくなり、新しくはなりますが、果たして、それはグローバルというのでしょうか?それはよき日本の精神性を大切にできる人だからこそ、維持できるのであって、外国や、そのような企業にも勤められるのではないでしょうか?

 

統計上、やはり、きちんとしている人のほうが、いい企業に勤めることはできています。かつての日本の教えであって、いたほうが自分は幸せかも知れません。だいいち心が苦しまなくてすみます。話もそのような人のほうが会いますし、キリスト教のような隣人愛ではありません。これは常識を守ればいいだけあって、深入りすることはありません。誰しもが、挨拶など、親からしつけられているはずです。確かに、それさえも事由でしょという人がいますが、自分であって、それを人に強要しないでほしいです。そして、人を陥れて、今度は自分が幸せになる予定です。だったら、今までのしつけや日本のあり方のほうがまともということでしょう。それをきづかないとおもっているのでしょうか?自己に酔いしれていて、そして、それさえも、わからずにいて、結局はざまあみろですよね

 

なんだか、頭にきます。人をけなしておいて、自分を正当化している。それで、嫌がらせばかりということです。いつも、多くで、自分の都合でかわいがられるように、して、本物は?という感じです。それも、そのはずです。心をわからない人が多く、表面上のことしか見てません。笑っていてもその人は苦しんでいる気持ちを察することができなく、自殺も多くなっているのではないでしょうか?見せ掛けで、その人を見抜けない。そのような人が多くなっているからです。昔の人は違います。だから、企業も発展して、今、今日があるのです。そのような状態では、結局その場所からは抜けられませんね。ましてや、自分で勉強することもしないで、人からの見えない霊性で情報集めです。自分で考えることはできませんので、精神性も結局はそこで、ストップです。

 

でも知ってました?その人はそこでストップということです。だって、自分で考えずに答えを知ってしまったのですから、自分で悩むということもできずに、言われてもわからないという状態です。密教においても、そこで脳が未来永劫ストップということです。だから本物も見抜けないということです。だったら、泣き寝入りしないで、悪いものは早いうちに摘み取れということもありますので、自分たちが変えていかないといけません。だって、いずれは、まあ、戦いのようにはなるのですから、そのことを踏まえたうえでの成長をかねて、いかないと、馬鹿を見るのは自分です。

 

その点、頭のいい人は早いですし、心というものはそう簡単にはいきません。そこで、葛藤を起こすなら、早いうちに修正をし、自分の人生を謳歌していったほうがいいです。

 

いろいろな霊性の嫌がらせは多くありますがただしいいことを落ち着いて修行することにより、早く道は開けていきます。因縁は深くなります。過去にしでかしたから、未来があるということです。原因と結果とよくいいますが、それ以上のことです。

 

相談する人、考えないと、自分が苦しみます。同じことを言われてもです。間違った条件を引き出ます。それで父は、脳梗塞になったのですから。積もっていたものもあったようですが、それが引き金でしょ。

ですからいつの間にかというふうにはならないほうがです。