読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再度、心のストレスは

結構、モラルを守った悪口とでもいうのでしょうか?不平、不満もこう書き記すとストレスの発散になります。それは口だけでなく、さまざまな場合にもよります。しかし、以前のほうがいろいろな方法での、発散の知恵があったと思います。やはり、根源を知っているから、どうせとなってくるのでしょうか?しかし、そのようなことがわかるのですから、心の成長の教えを知っているのかも知れません。

 

体裁もあれば、心の教えもありますので、それは人それぞれだと思います。それは業でしょうか?しかし、それによって、さまざまな教えがありますので、それこそ業でしょうか?という感じです。それは、日常生活において、そのように考えるかが問題であり、それを生活に生かしていくことが必要です。

 

今の状態では先に自分たちが殺伐として、自分を苦しめているだけですので、いいとは思いません。心はそう簡単ではないといいます。わかっていてもやめられないとあります。ので、性格を直そうとしても、そう簡単にはいきません。よってそこでの自己との葛藤があり、また苦しむと思います。どうして自分はいつもそうなんだろう。などです。

 

結構生活しているだけでも、そのような気持ちになりますが、それがどのような相手ということが今は問題です。それが密教の怖さですから、自分の縁を壊してまでも、やっていた、結果です。自業自得です。そうして人を振り回していたのですから、嫌われて当然で、自分を大切にして問い植われても、普通なら先に憎しみや、嫌悪が出てきて当然です。それさえも知らずに?いや、知っていて、嫌がらせしているわけですから、残忍なこととしか思えません。

 

そのように人を変な影響を与え、そして、本来の自分の人生としてあるべきことが、壊されているのですから、反対にいえば、自分の考えも壊しているということです。SBDですから。結局自分の無意識でさえ、肯定して、壊れてしまい、さらに悪くなっているだけですので、どのように直すかはわかりません。縁なき衆生済度がたし。とありますので、できませんね。

 

だから、さまざまなやり方、人がいるのではないですか?と思います。

会話のやり方もそうです。それで、馬が合うなどとあるのに、会わなければ、すぐにおかしいなどと離れていくのに、なんだか馬鹿にするとは、理解できません。でもそのような人は殺生のカルマが強いのかも知れません。そのような人は社会的には、やはり、よくありませんよね。結構切れるというのか、人をあやめることが多いです。それが衝動となって、行動に起こすのですから。

 

その点表現を変えれば、一言添えるということで、いい人がいるからなどと普通の生活においてそのようなことといいますかと、問いたい。それでは会話?それとも仕事?友達?理解できない状態です。根本が違うとしか、いいようがありません。

 

まず最初に自分がどうしたいのかさえ、言うことっができず、すべて、自分から出なく、人からですよね。それで、しつけということはどういうことでしょうか?

それで、わかってもらえるなどいいよがりです。まったくといっていいほどの常識外です。欠点をいえば、自分が何を考え、何が言いたいのかさえ理解できてないようです。まあ、お客のニーズに対応する仕事はありますが、だからといって、なぜにプライベートにそのようなことがはびこるのでしょうか。だったら、そのような仕事につけばいいとおもいます。悪のいうことを聞いていて、そして、こちらでは、なんだか甘えなんてばかげてます。いやなら逃げればいいだけですよね。その逃げでさえできずにいるならわかりますが、ただそれは、ちょっといろいろとあります。結局は、ボーとして、何もやらなかっただけですから、人のことは攻めることもできるはずがありません。責任のある仕事は任せられないということと同じです。仕事も人ですから。出来損ないとでもいうべきか、見栄というべきか、さまざまですが、人は関係ありません。すべては自分ですから。

 

という風に考えますが、SBDではそう簡単にはいきません。よって、できている人からだったら、そのような人も自分なりにうまく要ったかもしれませんが、最初が間違ってましたから、そう簡単にはいきません。よって、最初からといえども、それがいいのかは別です。後からでも、できる人は多くいますから。その点もまた、理解できるかが同化です。でも結局はできてない人が多いですが。だから、さらに、ヒスのようなせっかちの空気で、人を振り回していますので、一緒には痛くありません。自分が振り回されるので、落ち着きがなくなります。よって、仕事をしていたら、自分が失敗しますので、そのような人とは友達にはなりたくありません。かかわりたくないですね。

それが知恵というべきではないでしょうか?それともお客様という感じでいますか?

そのときだけのお客様だから、という感じでいれば、何事もなく終わります。

無化h氏の常識のほうが、よりよい社会を気づけるのではないでしょうか?人を振り回し、そして、世の中のためなんて、あるはずがありません。それは器や器量にかけていて、上に立つことは無理です。先人たちの知恵を見ているとわかります。では、今はということです。壊しても、たとえ、戻ったとしても、人は違いますし、時間も違います。野で、それから、どのように発展していくのか理解していかないと、結局は今のことだけしかなく、未来は作れません。維持、発展ということでしょう。

だから、やはり、上に達志とは、自然にできている人のほうがいいともいます。そのチョイスを間違えると、結局はすべてが、空回りということです。先がないから、今のことしかできなく、いずれお金も人も亡くなるということです。今さえよければ、という考えはどうかと思います。