読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も凄い。

最近、凄いヒットが出てきました。19年前の多くを思い出す感じです。昇華か、もしくはいろいろと自信をもったのでしょうか?しかし、心の中はかわりません。

 

多くが嫉妬です。そして、ねたみ。しかし、そうじゃないところだからこそわかるというより、どんなに言っても、こちらが、落ち込まずにいられるということです。だってみな同じですから。その悪い環境だったら、自己に対して、いつまでという気持ちが出てくる戸思いますが、その反対だったら、誰も嫉妬しないところだったら、嫉妬といってもその対象がありますが、同じところでしたら、そうありません。

いつまでというより、相手の心が成長するまでということでしょうか?嫉妬、ねたみなど、そう簡単にはなくなりません。結局、心が殺伐として、その人の業、どの道に走るかということです。多くは、心の殺伐でしかありませんので、情欲、性欲でも満足いかないことは自分で知っているに違いありません。よって、その思いが社会的立場が違う人ならば、ということです。

 

それによって、ささやかなことで感動はしますが、本来ならどうでしたか、わかりm船。しつけでも、思いやりを持つことは必要です。それをけなしてまで、欲をとっている殺伐とした世の中に身をおいたら、きっとささやかな行為で執着が出てくるに違いありません。しかし、本来の自分なら、ということです。それが当たり前と思うからという変な人もいますが、自分の周りがすべて層だったら、果たして、どうでしょうか?

それができない人のほうがおかしいと思いますし、嫌われていました。そのような人に対して、教えを説いたとしても、馬鹿じゃないとけなされるだけです。自分が嫌がらせの対象に走ると思いますが、また、レベルの低い人しか付き合えなくなります。よって開運もしなくなり、い妻にか、自分も低俗の仲間に入っていたら戸思うと怖くてたまりません。

ここでは低俗というと、飲み屋のような誰とでも寝ちゃうような、思いやりよりもばかじゃないとけなすような、ことです。常識が違います。そして、少しずつ、形状容姿だけは変わり、したたかな、今までのあばずれです。そして、金持ちぶっていて、尾上ぶっていて、まったくといっていいほど、常識がなく、私は密教をやっていて、霊性が高いのよなんて、振りまいています。KMといわれるわけはそのような人たちがやっていたからだと思います。そして、今は空気を読むなんてふりをしてますが、自己中心的です。美徳というほど遠いです。

 

だから、同姓0が増えていくのではないかと外国と同じです。そしてかつての昔の日本人の女性を真似して、誘惑です。信じられません。外国も同じです。女性らしいので、それに落ちて、しまうということです。性欲から。

そのような人たちがやるから社会が悪くなったのに、信じられません。そして、先は何を求めるのか、自己のプライド、これはすでに傲慢としかいいようがありません。

 

そのような性格が果たしてなおるのでしょうか?自分の心を見つめたとき、初めて気づくと事であり、人に言われて直すものでもありません。まったくといってしんじられません。そのころには、精神病として同一性でかたづれられてし待っています。

 

馬鹿みたいです。負けるなという気持ちです。負けたら、今までの見てきたその低俗のような生活になりたいのかと鼓舞するしかありません。だって今までが幸せだったのですから。感謝を忘れてたわけでもないのに、そのようなことを誰にでも相談するのでしょうか?だからだまされる人もいるわけですから、それを見ているとしつけかなと思います。ただ、しつけが違うので、性格も合いませんが、そしたら、合う人を見つければいいと思います。隣人愛ではありませんので、気が合う人です。それって本来ですよね。だけど、そうじゃない人は人にはそのようなことを言っておいて、自分は?気の合う友達と話しています。・・・・。

まともに受けないほうがいいと思います。逆縁にして、自分を開運したほうがういいとおもいます。密教が派生したのはとあるところからなのですから。そこから、多くの人に広まり、このような状態になっています。しかし、最初はその人の縁起だったのですから、うまくいって当然です。それで、おいしい味を得、そこから自信をつけたのですから、そのとき、自分はということです。だったら、本来の密教の戒律ではあることでも、毒をもって毒を制すという本来のあり方のほうが正しいです。

 

密教とは秘密の修行ですから、公ではありません。だとすれば、ほかのほうが戒律違反ではありません。よってそのときできなかったことを肯定すれば、元に戻ると思います。煩悩もです。否定でいたので、本来の自分に戻すには、肯定です。わからなければ否定でかまいませんが、これは世俗で言えば、勉強と同じです。わからないのに見栄を張るかどうかです。それだけのことで、知ったかぶりですので、。それで、嫌われても仕方ないのに、どうしてなんて信じられません。そして、責任なんて、都合でぶつかったときは怖いです。男性なら、結婚を強要されたら?です。自分がわからないのに、自分で壊しておいて、責任はありません。誰のためになんていいわけです。自分が徳をつむわけですから。そのために多くのことをやっていたわけです。それがあわないからと今度は言葉巧みに責任とは、馬鹿にしすぎです。