いつもよりも。

しかし、いつも思います。なんで、いつも言わずに、いて、なにか起こったら、言うのか、なんだか外国人のカルマににています。自分でも嫌になる。あーあ、って感じです。

 

いつもと

ギザギザがとうとう、はなをも、肌を切るようなことが起こりました。積めの箇所です。これって、殺生のカルマ?ということですが、この目のいたさです。自己のケアをしっかりしないと、業のいい人は大変なことになります。受けたカルマを浄化ということです。本人の業ではない限り、浄化で落ちます。そのカルマを自分の業のように扱うことは違います。この点ましが得ないと、自分を苦しめることになります。よって、その最初の時に、です。私の場合は、座禅です。そうすれば、受けたカルマを浄化できたのにです。そのケアをしないと、自分の生活のなかで、おとされることがあります。自分はどちらかというと、むさぼりでしたので、いつも3年に一度、なにかをなくしていました。これは自分の統計から来るものです。

 

自分の煩悩を知っていおかないと、究極的には、煩悩の縁があります。そこまでですが、体はです。

さまざま

祖とで、オリンピックが開催されていますので、とっても静かです。このような毎日が幸せと言うことです。続けばいいなと、いうことです。

 

いつもざわざわとうるさいし、かつての穏やかな日本はどこにいったやら。これは年をとった人しかわからないことでしょう。教育と同じです。妹の子がまだ、子供のと気、おばあちゃんが、卵ボールというお菓子をあげようとしたら、妹が、かんしゃくをもって、おこっていました。3才になるまでは、お菓子はダメだということです。まあ、それが彼女のしつけ立ったようですが、おばあちゃんとしては、不平です。そのあと、ぶつぶつといってました。そのような声はいつも私が聞き役なところがあり、聞いてました。今の社会はこうなんだというかんじでいました。が。

 

知能が足りない人が多いというか、新人類というか、今の時代の性格の人は会わないということです。理解できないというより、あいません。話が会わない、ということです。それなのにです。この文章も、理解できないと思います。きっと、おかしいです。ということになります。

 

変な人と付き合う人も平気ですが、キリスト教なのかな。外国生活が長いとか。でも、そうしても、生活は安心クラスだから、勉強もきちんとしているはず。それなのに?ていうかんじ。どうして、常識がわからないのか理解に苦しみます。それは、おやが悪いから。しつけがなってないということでしょうか?それを逆恨みするのもね。そのどうして私をという決まり文句を、流行っている、密教を利用し、他人にぶつかるなんて、おかしすぎます。それは、自分の環境の問題なのに、不平、不満、口をこちらにあ手成とは、そして、その心を利用して、恋愛に使用とする最悪パターンです。慈悲?沿えって、慈悲カナ。それってよく理解できない。自分の悲劇のヒロインになって、それを売り物にして、ルって感じで。ほんとに愛しているの?って感じです。お金や、学歴目当てでしょう。

 

それさえ、自分で理解せずに、いるのだから、同姓愛になって当然です。どっちに嫉妬しているのかです。常識も知らずにいるし、だからなのに、それさえけなすということです。喧嘩でさえ、できません。

それを博愛というのか、しかし、いいところにいくと、キリスト教もバカではありません。さすが、お金にゆとりのあるところはです。啓蒙なクリスチャンがいますが、しかし、他の悪魔よりは、きちんとしています。バカな仏教と言われても仕方ありません。しかし、それを言うのも、どうしてわからないのかです。普通はチャーチとわかりますよね。普通は仏教をけなさないし、高学歴の外国人でさえ、そのような罵倒はしていません。恥ずかしいですね。日本人として、それに、仕事を通してでしたら、全くの赤っ恥です。ここまで、恥を書かせてと思います。添えで、自分たちが、文化依存とか、国のためにとか、そのような仕事につけるのでしょうか?それは無理です。だって会社のかおですから。それで、結婚とは絶対無理です。バカも休み休みいえです。はあって感じ。それって、一種の病気に近いことです。彼女になりたいとかから来る思いです。そこから、精神的な分裂も起こります。ので。怖くて近寄れません。それに、打つも多いです。特に黒はです。それさえ、自分でさえ、気がついてません。それを人に流すのですから、お相手がおかしくなって当然です。その人の悩みがあるので、それを利用してということです。勉強も同じです。あれでは、成績は延びません。というより、無理。勉強するだけ無理かも。

 

なんで、宗教がです。その宗教の布教ですね。多くがそのようです。というのも、新興宗教の仏教ですが。キリスト教も同じです。添えを知らずにいるからですが、義務教育で学んでいるはずなのにです。

 

どこまでいっても、エゴですね。それで、人のためにという感じでいます。これも(´~`)といって、いいほどの信じられない光景です。しかし、そのような親を見るとたしかに、同じです。鈍いというか、ちょっと、という感じの方です。類は友を呼ぶという、諺はたしかに当たっているということです。このようなかたちで認めるわけではありませんが、時々、いい状況ではあります。それだけ、昔の日本人の感性はすごかったのかなと。だから、それを文字に表せるのかと思いました。

 

そして、いつもです。書こうとすると、かけないという状況が続きますが、いつも野子とです。さあ、がんばりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

いつもとおなじですが。

同じようなことが起きても、簡潔にいえば、縁起が違います。祖の意味愛を理解しているかどうかは別として、そして、また、SBDをやっていた祖の人間関係もあります。

だから、かたずけるときは、そういうことです。しかし、本来の縁起もあります。それを切っていけばいいということです。要は心ですから。成長すればまた変わっていきますが、仏教でhあ、縁ある衆生さいどがたしとあります。ので、自分とにた人を助けることができるということです。

 

そしてです。いつもならと、そして、移入やカルマを受けた状態で、どう対処するかです。1つは焦り、もうひとつは自分です。しかし、仕事中ですと、状況も変わりますので、添えを一つずつ、クリアしていかないと、仕事も続きません。

 

よって、祖の受けたカルマや、感情をどう対処していくかは、自分の能力でもあります。が何事も順番があります。よって、人それぞれのレベルということです。私の場合、抜かれてもいいならです。しかし、ゴースト状態のようなものですが。

もし、仕事をしていたらです。きっと、回りとの関係もありますので、このような状態荷はなっていないと思います。これは、SBDにおいてです。それを理解せずにいたほうがおかしいということです。一方的な見方ということです。

その考えを変えずにというか、宗教とはそういうものですから、そのカルマを変えずにどう対応していくか、または、片付けていくかです。そうは成長させません。業とはそのようなものです。

 

 

いつもより。

昨日の延長線上のような気がしますが、これもチャンスです。確かに、また同じことになっていますが、しかし、です。これこそ名誉挽回の時。先に進んで、あとから、また、それなりにでいいと思います。ゆっくりと、しかし、自分の仕事や、できなかったこと、そして、心です。その釣魚ができないと、自分の心が壊れます。だんだんとずれが生じますので、早めの処理をしていくことこそ、カルマ害意ということです。経験するよりもです。

そして、自己の悟りに繋がります。それが、成功の道に繋がる秘訣です。同じことをしていては抜かれます。でもこのような考えに至らない人ははて、不思議です。何で、わからないんだろうと思いますが、これは、仏教でいえば、縁とでも言うべきでしょうか?そのようないい縁がない限り、また、個人の、心相続がよくないと、悟れません。これは、前世からの意識の流れですから。その考えを自分で考えられないということは無理です。縁もありません。それが、神道の奥義です。自分で、考えるということです。その人の人生のなかです。それが、業と言います。だから、悟れない人もいるということです。

それを、密教で、空気で教えるとなると、それは虚無論です。善、悪もありません。それが無秩序の社会を作るのです。

 

しかし、そこで、教えてもらっていても、その人のためにはなりません。自分で間ゲルということです。それは勉強と同じです。答えを教えてもらっても、その次はということで、どんどんと落ちていきます。それで、気がついたときは、自分はどん底です。それからで無理でしょう。その方法も知らずにやっている、そして、クレームです。身勝手もいいことです。

それを世の中のせいにし、逃げているだけです。が、自分はです。それで、精神的ナ成長は無理ですので、添えからは室は深まりません。そのままの子供です。一生ね。

そして、それを今度は自分で乗り越えられるかです。結局、祖小泊。きっと自己の成長、心おの教えはないはずです。いずれまた、もとの世界のヒスでしょう。できなくて、だから、今の空気もということです。隣にいると、疲れると言うことです。

膨張、闘争の空気もです。それが筆になると、様々ナ現象を起こします。それが今です。衝動買いも同じです。

現実は様々ナ心が生じます。これが仏教の心を知れば、わかりますが、人はすべてとはいきません。だから、気をつけないと、様々な問題が起こります。それで、ことが起きているわけですから、祖の現状を理解するためには、やはり、現実と言うことです。それで、多くの人が理解するわけですから。なにかが起こってからでは、遅いと言うことです。だから、チャンスをつかめるといえば、それが、できるわけです。それが能力になりますので、それで、おかねをもうけても、仕方ありません。添えが必要とされているわけですから。それを無知のふりをして、利用しているわけですから。そのうち宗教なんてという人も多くなるわけです。今までは、経済も発展し、この次は精神的なことに発展していった矢先です。このテロとしての問題。それがまた繰り返されるとは人は無知です。だから、芽には、芽を。歯には、はと。という脂身法典がありました。今は読み方が違うそうですが。しかし、それが、キリスト教の教えのひとつでもあります。いつになったら終わるのかです?よく、今の密教に関係する人たちのしていることが、まさに同じで全く理解できない状態です。自分が悪くなればということです。よって、人の気持ちを理解できない人が多いと言うことです。これが、かつての日本のしつけです。が今は、マズローの教えという言葉が向いています。祖の完成の問題ですので、理解できない人には言いたくありません。よって、同姓愛が増えてもです。

 

 

とりあえず

今日は自分がやりたいことをしました。というのもです。きっと思い悩んでいるから。人は心だけではなくということです。自分もそうですから。きっとナにもなければ、それなりには大丈夫ですが、人は様々です。だからね。これ送ろう。待っててね。と独り言です。これもしたかったことのひとつです。

最近は、雪も同じようにです。お陰で、でも、きちんとお礼はしないといけません。

そして、太陽のなんとかというものが熱を持ったという、放射能の1000倍以上の熱です。それが、太陽に起こりましたので、自分も修正しやすくはなります。まともな人は。です。しかし、その反面、悪い人にとってはです。下手をすると、邪が強くなるどころか、大変なことに、なります。

大自然の掟は、です。がまともなら、わかるでしょう。すべては、自然です。意図的では、壊れます。ますます壊れていきます。体で言うと、次々とずれが生じ、どこから手をつけていいか、わからなくなります。最初に影響を与えたところを覚えていたらいいですが。これも、自分が躍りをしていたときに学びました。とりあえず、集中して、芽がでなかったらやめようと、それも、年だからです。そのなかで、学んだことが多く、まず最初に先生を尊敬していなかったので、その先生につくつもりもなかったから、教えることも頼まれまして、教えていたこともありますが、先生との教え方が違ったので、考えてしまい、やはり、やめてしまいました。だって、年ナので、有名にはなれませんが、子供を教えることはできますが、その時を過ごすということです。それがもし、尊敬する人でしたら、文句なくできますが、自分のこととして、考えると、それがいいのかどうかです。へたしたら、すべての時間を費やしかねないので。

そういう意味でのいい縁トでも言うべきでしょうか?いい先生に出会わないとということです。それも、才能のひとつと自分は思っています。そのようないい人に出会わないと、人生開花しません。人とはそういうものです。と思います。だから、人との繋がりは大切にしていかないとです。それをSBDでは、悪魔からは執着といわれ、人間関係を壊されです。その人は、どう生きていくのでしょうか?結婚するのは一人です。それまで、多くの人と槍、自分は?執着とではないというのでしょうか?他だの嫉妬とは言えません。

いつもより。

こんな時間に、いつもと同じでは、いけないと思い、たまには、精進よりも、仕事でいえば、確認等野子とを怠らないようにします。でも今、透明の空気ですが、そのいいことをできないようなものがあります。というのも、けじめでしたら、毎日けじめという日常生活のなかで、大切なことは何かということです。いつも、こうピリピリとしていますが、そのなかで、癒しといいつつも、その集いみたいナことはどうでしょうか?以前に振り返ったとき、いつも、世話しなく、他だ、漠然としていました。そのなかでの、邪魔させることも多く、それだけ、欠点が多いのかも知れません。というのも、しつけができていないということ。自分で気がつかないということです。

 

それがそうならです。そして、カルマが悪いということです。

ということで、あとは、思いです。これは、様々ナ心ですが、SBdの教えを知らずにしているので、卯いつのまにか、無知から来る、破壊者となります。その誤解をどうみるか、それがその人の性格です。それを自分がということで騙しているということです。ただしいことをいかに見抜くかということが大切です。ですから、後世間で、そのただしい教えが広まり、引き継がれます。それが、歴史ということです。

 

最初にただしいことをしていれば、です。騙された、と泣くこともしなくです。それができるか、要はただしいことができるかどうかです。それが心の強さです。それをせずに、自分がしていて、そのただしいことができる存在を排斥している、そして、あんたがいるから、来なければとでは、そのままそのような状態が続くのでしょうか?もっとひどくなることがわからないでいるのかと思うと全く信じられない性格です。しかし、それだけ、犠牲者が多いと思いますがね。共産主義みたいです。どうして、戦うかと考えたほうが無難です。そして、どうやっていくかです。今は昔と違って、命の落とす、戦いではありませんが、しかし、戦争とは違いますが。という意味です。しかし、これは私のやり方ですから、どう間が会えるかは別です。しかし、歴史を繰り返すのではなくということです。そこを理解できずにいます。だって、嫌いだから抜く、排斥ですよね。そこを理解していたらです。だったら、常識外れのことですか?お金があるからいいじゃないということでしょうか?

そして、便乗でしょうか?その乗りで、私たちはです。だったら、努力するだけでいいのにです。縁というより、偏差値の問題岳なのい。あんたがいったからとか、アルバイト擬きのような考えの人も、勤めている人もいます。高学歴かどうか知りませんが。だから、このような問題が起こるのです。

話が会わないこと事態、無理なのにです。それを、自分お好きな人には強制し、嫌いな人を排斥していくと言うことです。特に自分はさんこう狙いです。高学歴、高収入、顔がいい、という人を習う人も多いです。それで、関係ないとか、被害者とか、様々ナ状況でいってますが、結局は、仲間外れです。新興宗教と同じです。悪口、仲間外れです。自分もやられて当然なのにです。