この所知障は具体的に何かといえば、それは煩悩障(習気)である。喩えていうなら、汚物を取り除いた後にも悪臭が残り、これを完全に消すのは容易でない。それと同様に、煩悩障をすべて断ち切っても、煩悩の微細な影響は残存し続ける。これが、所知障であり、それを完全に段滅しない限り、一切相智である仏陀の境地は実現し得ない。

所智障について、チャンドラキールティ(月称)の「入中論自注」第6章では、「無明の薫習こそ、所知を完全に断ち切ることの障害である。」と表現している。

これを受けて、「中観密意解明」では、「煩悩の種子一切が尽きた子とにより、もはや、諦執は生じないけれど、薫習に汚された子とにより、顕現境に対して迷乱を起こす心を生じるのだ」と解説を加えている。

 

無明という煩悩が存在するうちは、知るべきもの(所知)を本能的に実体視し、所知が真実として成立しているかのように誤認してしまう。

これが、諦執である。そして、煩悩を種まで根こそぎ取り除いたときー還元すれば、九段階の修惑をすべて段滅したときーこうした諦執は生じなくなる。

 

しかし、まだ煩悩の薫習が残っているので、その影響で所知の顕現をーたとえ実体視しなくてもー迷乱とともに知覚してしまう。

 

このように、嫌がらせでしたことも、己に変わります。よって、己で、業を変えたということで、責任はありません。己が悪い。ということです。また、見栄、無知によることです。ですから、カルマが悪くなっても仕方ありません。もとには戻らないでしょう。元々です。もっと悪くなるということです。から自分に戻ることはもう無理です。それを行為した時点で、発生したカルマということで、新たに己で作ったということです。

それだけ、無意識は怖いということです。そして、どんなに心を変えて、精進しても、行き着くところで、結局は、人を惑わせたということで、己の薫習によって、永遠に、迷乱に陥ることで、迷乱から来ることは、もとの木阿弥に戻ることです。それを知覚してしまう、しかしです。それを知ってもどうすることもできないということです。

 

よって、業のまだいい関与していない人の思い、宗教があれば、それなりに助かるかも知れませんが、永劫成就は無理であり、またどんなカルマを発生させるか、ということになります。

 

わかっていても、やめられないということと、同じです。きっと、そのような人と同じ境遇に陥ることでしょう。

そして、忍耐もできずに、己で考えることもしないで、人に教えてもらっている、聞いたりしているということから、そこでストップということです。それ以上の、精神的、もしくは質等の人間性も問題にもなりますが、年をとればいい人、かっこよくなるとかという、逸話も無視ということです。これは神道の考えですが、味のある人間とかです。芸術では才能、書き方が変わったとか、等です。声の質とかです。

 

いい人を引き寄せるとは、そのようなことです。だから、いい人がよってくるということでしょう。類は友を呼ぶです。また、業も同じです。

 

 

朝。本当は。

そこからやっていきます。というのも、健康かんりについてです。

途中クリスチャンのようなものが来ました。あるときの人と同じです。それよりも、

ここから始まります。

 

 長時間が続く。→ストレス→自律神経→内分泌 系

長時間労働を感じさせるため→対抗するために、交換神経が、活性化される。

             →アドレナリン、ノルアドレナリンの分泌が高めるのが            で「高圧上昇、脂質異常症、血糖値上昇」。

 

➡(ここから)高血圧症、高止血症、糖尿病。

動脈硬化を促進させますので、➡全身の循環が悪化し、脳、心臓循環器疾病の発病リスクを高める。

追記で送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い。

きちんと整理したいと思います。そして、その始まりを理解してからのことで、そして、仕事に足しする意識の引くさです。確かに、いま現在の状況は昔と違います。かなりです。しかし、それでも仕事はしないといけないというところです。しかし、だからといって、その原因の見えないことをヒとに押し付けての己の仕事をこなすという精神的な考えはどうかと思います。己がお給料をもらっています。そして、己の能力です。それをできないからといって、ヒとに押し付けての仕事をするという考えはには脱帽します。ビックリです。しごとに対する意識が他変えれば、自ずと理解できます。

 

よって、プライベートは何をしているのでしょうか?ということです。普通はそれがわかった上でのことですが。全くできていません。そして、仕事中にやっています。それでは、いい仕事どころか、それ以上の言葉は見つかりません。

 

普通なら、仕事中に押さえることはできるはです。しごとだからきちんとしないといけないということです。それで、お給料をもらっているわけですから。それなのに、仕事中にそれを出して、ヒとに迷惑をかけ、なにもなりません。

仕事以外にそれをけすべきことと、思わないのでしょうか?しごとのときに、己の指摘感情を持ち出すということと同じです。よって、そのような人はしごとはできないと思っています。普通、仕事中にそれをやるということです。

眠い。

今までは、いたい空気がありました。それで、しばらくからだの状態が優れないような気がしました。が、疲労こんぱいは、昔結核を導いていたようなきがします。カルマを受けても、そうならないように、きをつけタイとおもいます。

 

今の時代だから、好き勝手なことを言える。頭に来る、えまほは。でも、いた、あくま。そして、高学歴の悪魔が出てきているので、遅いと、大変なことになります。自分の悪魔なのに、どうして、他の人間のいうことを聞くのか?そちらの方がおかしいです。

今までの発言を聞くと、そうです。特に携帯にはそう感じました。 好きでやっているのなら、好きな人からもらえ、感謝でも、ということです。それがお互いの心だとおもいます。

それを請求するなら、ということです。あとは,泣いているのに、気がつかない、それが強さでもあります。しかし、あの人のお陰ということです。その流れにあったことです。だから、狙われなかったというtおdえsうが、男の方が早いのに、がまんしないだけです。私は、静かでいるのに、他の人はうるさいです。それが円というのでしょうか?会社では、嫌われているはずです。

その人がいました。相手にされていないのに、しつこい。そして、いいところだと、嘘をいう。では、実家では、ということです。

 

飲み屋にいけです。そして、ナンパです。声をかけろです。

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

一気にしようとしても、それは無理ということです。感情も同じです。永遠と続く。だか、田益という鈍くさせているだけです。それが体に出るか、精神的影響に及ぼすかのことです。

まだ、ゆとりがある。

そして、精神的なものを壊してから、どんな影響が来るかで、チョイスしているよう、同0愛はです。

朝。

左斜めに手の向きがアりますが、置き方が、左腰をあげてからです。部分的に言えばいつものえまほです。この手は、前からこのようにアり、またいつもの手じゃないと聞いた。発言、チャクラ辛くル、ものそして、いつもの性格での、発言しきたり、ルールです。kれもえ真保、悪魔です。それを出スタめです。たぶんこうでしょう。

実家からあった、こういってた。というえ真保です。そして、(-ι-З)様のところに来た空気で、なぜ大丈夫か、お布施をしているかです。そして、己で気がつくことです。

しかし、この運気のよさは、家計代々のものです。それが家柄ですから。他の外国も同じです。実家でのお仏壇も、明美がそうでした。途中から、飛んできて、しかし、それでも、お線香はあげていました。

この感情は世って、私ものではありません。

正しいことをしたうえの、従来通りの喧嘩でも、すべてです。仕事、繋がりです。まるで、ねずみおとこと、きたろうとの関係です。そして、今のが手です。意味わかる?これがえ真保の嫌がら背ですが、これもまた無理。知りたいの?

悪魔が出した、悪魔をつければ、同じ考えです。だから、喧嘩をすればいいだけです。理由は、それだけDす。できなかいから。なに怒鳴ってンのときいた。それは私ではなく、うるさいということについて。

 

そして、二重構造のことについては、いま全くかたづいていませんので、その経過として、ニュアンスが変わってもそういうことですとしか言えません。それ以外もです。

 

その情報を与えている。よって、お金ももらえる条件ことさえ邪魔をしていた、えまほ、悪魔です。扁平足がきた、が今度はかんしゃく、壁ありです。ちなみに、物忘れはいまはないようです。からこれは忍耐化、もしくは、知恵?しかHし、己の性格をりかいするとこれ以上はいつも無理。気がついたときがはなですから。耐えるのは、悪くなるだけ。よって、そういうことです。とりあえず、場所が変われば、しかし、最初かR( ̄▽ ̄;)はどうだったか、いつも日本はいつも鹿児島からありました。いつのまにかでしょう。その情報を知らせなかったということです。嫉妬もありました。英語です。同0愛が話しているのは知っていましたが。しかし、右からの、なにかで、すぐに忘れる状態です。まさか、いまの洗脳のそれがあったてのことかも。それから、東京でのあの状況だったら、東京が外国です。その最初は、実家です。ちなみに、透明の強靭というか、空気です。塩村に近いです。

これは、実家の時からの問題でしたので、騒ぐ必要はありません。あとは座を組むだけです。その関係を理解すれば、できない人がやっているだけで、りかいすると、その癖の人がプライドということでした。他では、説明?そして私のところでは、出てきちゃって、ということでも、しかし、それが、おかしいという人も多く、それをいつ片付けるかです。ずっと、持っていたら、縁がつきます。また、片付けられなかったら、どうなるかは自分です。自然にできることをすでにりかいしているのは事実です。それを人をけなしておいて、自分が完成されるまでそのいじめを維持していく方法です。

とりあえず、そこから始まったことですので、その状況において、いまの環境での配慮をしていくこととして、言われる方、霊せいでのしんきと分けた方が早いです。いつのまにか、努力で、なっちゃったではないようですので、それは、その説明?もしくはということです。見ているということもりかいかどうかですが。

いつのまにか、それを関知できるようになっていての説明の状態ではきつくなりますので。気をつけないと、自分で首を閉めることになりかねます。

たぶん、知恵が、、、。ヤバイ、ヤバイ、その流れの癖、変な日本語の文章を使う癖ができたら、就職しないからではなく、人生において、または、来世において、その癖が来ますので、嫌です。かつては大手に就職していたのにです。それこそ、嫌みを言われるのは、本人です。いうこと聞いていないのに、ただのいじめで、本人がそう言われるのはいい迷惑もっもな他、死×です。

無視。

その流れのなかでのことでの生活もバビロンと同じ、すこしづつ大きくしていくことと、生活もです。そして、借金があるなら、それを返しつつ、いまの生活を楽しむということです。

下手な購入しても、それが、返済できなければ、無理です。昔はそれが多くて、問題にもなったようですが、添えは身の竹知らずとか言えません。家の購入のことです。自分でいいこといったので、かこうと思いました。そこで、ガスチェックの人が来て、いまです。

 

 

 

けじめ、正しいいことをしていると、日常生活のなかでの流れはあるはずです。それが仕事のできるかどうかにも繋がります。整理ということです。ながらという今流行りの仕事では、無理です。世って、そこにあったのでしょう。勉強と仕事のやり方は違うということです。最初はアバウトで、つまみ食いのように見えますが、だんだんそのように直していくことが正論です。

 

空気も同じです。以前にあったことがありました。それがその時の空気ですが、責任感ということでの補佐をしたことがアります。きっとその流れでもと思ってしまいましたが、いやがらせも、混入しています。空気を読むということも、たいへん?グンギ?癖は怖いです。