今度は。

バジュラから、ただしいことを言うことが先決です。それは、社会があってのことで、社会がなければ、すべてが、存在しません。結局、自分の社会を作るために自分の思想をのべて、押し付けているだけです。

 

密教には、勝義と世俗たいしか、ありません。それを知らずにその密教を行うと破壊どころか、魔境にもなりかねません。その教養たる勉強をせずに、やっているだけだと間違いをおかし、自分のカルマをダメにします。しかし、それが自分でなした、行為ですから、誰のせいでもありません。無知から来る、見栄です。無知は怖いです。

本来、大乗ができてからでにないと、密教はできません。それをかってして、そして、教えを教養し、責任を擦り付けるという行為は社会のナかでも通用しません。だから、社員にもなれないということです。そして、みえない世界で聞いてもです。自分に祖の素養がなく、わからないでいたのに、それを知ってからは、別世界があり、それを得るためにどんな手を使うかわかりません。それには今までの、結果が出ているからです。それにもまして、無知という言葉を知らないでいるために、罵倒、憶測ということでした。しかし、もう結果が出ているのですから、いいわけはできないはずです。その事にたいしてはどういいわけをするのかです。今の現在で、できないで、いるのだから、無理ですが、それを変えていくのが彼らです。

昔からあった、それぞれの世界を崩壊し、その真似をしていたためです。しかし、本来は違うことも多く、結局は、誤解が誤解を招くということでしか、過ぎません。

それには、仕事でも同じですがそれをも理解していない人が多く、それでも、同じことをしていることにきがつかずいにいる状態です。

 

それを、間違いがあることを気がつくかどうかです。それを自分達が先に経験していてもです。結局は気がつかずに、教えてくれないと人に甘えています。なぜということバが出てきて当然です。そして、理解しているから、流行りとか自分のナかでの、考えでいます。そして、それを押し付けていますので、全く理解できません。教養です。結局、噂の怖さ等を知らないということです。ので、自分が経験していれば、それなりに、阻止できます。また、それで、修正してもです。結局、それ以上の教えがなく、これ以上の考えというかしつけがなく、そして、同じレベルでの仲間、喧嘩でしかありません。だから、反対に言えば、うまくいくわけですが、それを知っている人はです。そのしつけ冴えできてます。それを勝手に自分の考えで、人を変え、人生をも変えるという宗教の怖さと同じです。テロと同じで、まちがった密教お教えでしかありません。その考えが全くできずにそして、泣いているのもわかりますが、しかし、です。それ以上はということです。ので、やはり、それでは、就職にも無理です。これって、普通のことです。

その点、心の教えというものがわからないと思います。心の成熟ということでしょう。それをできるから、考えるから、それは、仕事にもよりますが、多くは見返り、儲かるためとかあります。最初から、心とはという考えとか様々ですが、多くがそのような人もいるということも理解できずにいます。売れることが、自己の成長と考える仕事の人のことです。

そのように自分の時間をどう使うか、等考えて、いる人もいますので、確かに禅にいったときも同じ出下。若いのにすごいわねと母も称賛していました。ちなみに、母もそのような教えが好きでしたので。ちなみにははは、新道関係の教えに走っていました。

今思いだしタコとを。

浄化です。受けたカルマ荷は、そのままだと自分がそのなにかを受けることもありますというのも、自分もかつては、3年に一度なにかを落としていました。自転車もその当時では、いいもので、5段ギアの自転車出下が、小学生の頃から使ってましたが、その3年後ににとられてしまいました。そのようなkとが、いつも3年に一度、有り、なんだろうという感じで今したが、その業がたまるとそれぞれになにか現象が起こります。よって、人は座禅が必要な時代が来たのかと思いました。よって、たまった業というか、自分のなかにある昇華しきれない業を落とすために様々なことが起こります。よって、修行が必要ということでしょう。特に心の修行を求めている人にとってはです。ヨガ的に言えば、サットバということです。その状態でいるには、修行と、言うことです。でないと、どんどんと悪くなります。よって、それが社会の現象として、色々な問題が起こり、社会も悪くなります。

久しぶり。

今日からまた、書きます。とりあえず、その事を終了仕手としてもです。それは自分のことだけであって、他はまだということです。というのも、自分に戻るということは己を知るということです。それが間違うと自分のカルマが悪くなるだけで、ほっとけばいいことです。

後は、心の教えということであって、自分のことだけです。よって、慈雨b(  -_・)?がd子までするかは自分であって、それが、教えを求めるということにもなりかねません。それが、心の成長ということです。それができるのなら、後は勉強すれば、受かるはずです。自分もそうだったので、それは自分の考えであって、それを面接で言えばいいだけです。それが知恵というか普通の社会立った訳ですので、それができるのなら、勝ち組荷はなれます。人から、聞くことではなく、自分の考えです。それを言うか同かできまるので、できる人は自身と勇気をもってということです。

 

そして、自分の道を進めば夢も叶うとおもいます。それにはです。こちらとしては、逆縁にしていけばいことですから。元々それにはあった人生があるので、それを軸にすればいいことです。人はさらに欲というか、幸せになりたいと言う思いがありますので、これは誰しもが思うことです。あるからいいじゃんではなくて。ですそれを煩悩と呼ばなければ、なんと言うのか、謙虚それとも、大きく成長、会社等したいならなおさらです。これこそ、常識害の考えです。大学はなんのためになるのか、という哲学的な考えには及びませんが、社会的荷は勉強しないと無理です。だから、つぶれるということであり、大きくはなりません。また、うちの父も同じで、経済を勉強せずに株をしていたのですが、することも有り、時として、大金を使っていました。そんな父を見て、勉強しないで、もうけるのは無理だと思いました。ので、それには教養と言うことです。生活の知恵は高いけど、勉強は違います。これは昔の時代の人が経験し、勉強の大切さを切実に感じていたからこそ、今の教育がアりうのに、それを、商品等、自分の考えや、人をバかにして、そして、自分がお金持ちになろうとしています。昔は、悪者が甘い蜜を数という世の中で、あったときは相当苦労したとおもいます。それを社会を変えていったのが、その時代の党首等です。でなければ、悪いもんがはびこり、真面目な人には金もなく、苦しい生活しかなかったはずです。これhア歴史にもありますから。

それで、そのような人が今度格差といってもも無理です。からはや井内にいっといた包囲が、屁理屈も言えない状態になりますので、その点頭を使わないと、社会がうまく回りません。それが、小さく言えば、家庭ということです。しつけ。

遅ればせながら。

昨日のメールを遅れずに今日送りましたが、それが、昨日はという題材で、ビックリです。最近現象のなかに先のことが含まれているような気がしています。これに気をつけていれば、なんを防ぐことができます。しかし、そのような時には、気の会う仲間といないと行けません。ということで、すべては、今までのしつけは間違っていないということです。それには配慮が足りないとか、間違った噂とか様々です。

 

今も同じです。お雑煮かもしくは、ぜんざいです。いつものパターンで両方と考えていましたが、どうしようとおもいます。以前の洋服と同じです。でも、ぜんざいだけにしようとおもいます。まだ、お雑煮のだししかとっていませんので、明日ということです。

さあ、一人ずつ、自分の気づいたところから、やっていくしか有りません。それは自分の気づきですから。それが仕事ができるということです。よって、現実はということと、あとからの修正等、様々です。それは、頭のいい人がやることであって、普通の凡人にはできないことです。だから、社会というもは秩序を保てているわけです。そして、器です。これが間違っている人がいれば、うまく円滑荷はできません。これをしていくには、適正等、必要とされますが、多くがその目をとられ、その存在なくしての、社会では、いつかはおかしくなります。

それには、年功序列という形がもっともいいとおもいます。人生の先輩として、アドバイスがなければ、発展どころか、維持しかなく、しかし、社会はうまく回らなく、ものは、作ってもです。それがいかされるかどうか、また、それがという。時代を振りかえれば、いつも同じです。

あとは、人が落ちていくだけです。堕落ということです。なかにはということも有りますが、それは別のことで、その人の人生論になってしまいます。その点、間違った捉え方をしている人が多いためか、全く、おかしな精神論がはびこっています。

とにかく、疲れたら、無理をせずに、休養をとることです。何があってもです。気持ちは焦りますが、絶対必要弟子。その時に何を考えられるかということです。そして、体操、ストレッチでも自分でいいから、行うことです。いつの間にか、筋肉が落ち、低体温になっていたら、病気を招くだけです。

とにかく、それが人のため、自分のためになることをすればいいのですから。ただ、対象がということも有りますが、それを大きくしたとしたらです。それがその業であるので、なるべく、人の人格は強制的に壊さない方がいいともいます。それも意図的にです。それこそ、虚無論の世界です。すべて、意図的はよく有りません。歯車が狂ってきます。そして、いつの間にか、さらに、大きな病気を呼ぶということと同じです。肩から来る病気と同じです。

同やら、肩凝りの人って、運動神経の鈍い人が多いみたいです。というより、柔軟性がないということかな。からだが固いということです。それって、一番不味い。いつの間にか押せんされていることも多くあります。そして、どうやら、塩分が足りなかったようです。実家での時の梅干し状態と同じになっています。そのいケースをとったとしても、次からは半分に減らしという形で、個数を減らし、そして、いつも通りの、一日という形での栄養摂取の形になります。そうすると、忘れたときでさえも、平気な状態になれば、今までの成長過程の食事に戻ります。幸せからとかは関係なく、きちんと食べるものを食べた上での条件になります。だから、幸せだからわかるということです。本来はそのような人が道を作るべきことです。これは、昔、高学歴の人もいってました。あまり、安すぎともということです。これは経済というおかねの価値ではなく、常識の範囲でです。

 

塩分をとるとわかるようです。人の体はと、とよく、コマーシャルでも有りますが、それと同じです。想像以上に必要かも知れません。あとは、心です。どのようにとらえるかは、自分です。

それが個性、や業となり、様々な社会を形成していくわけです。

私利私欲とか言う人も多いですが、その人たちのあった条件も有ります。それは結婚や恋人、就職などです。多くが人のためにとか様々ですが、こればかりは忘れない方が、それにはお金がかかると言うことです。おかねをもらえれば、ということです。それだだけの教養、知識がなく、自分が困っている。しかしです。また、どうすることのできなくという無知、様々です。それを、人が助けると文句をいい、いやがらせ、です。じゃあ、自分はということです。教えてもらっておいて、それは今の自分の教養のなさにおいて、引き起こされたもんだいです。それを当たり前のようにおしえてもらえるということ

 

昨日は。

御宿から帰ってきました。日蓮宗大本山にもいってきて、近くの海のお店でお魚を食べてきました。とっても美味しかったです。新鮮というより、なんだろう。よく昔家で食べていた味ににています。また、切り干し大根や、お付けものも手作りで実家の時を思い出しました。外食はあまり美味しくないです。ぶり焼きを頼みました。色々のなみなとのお店にいって、ぶりが一番どこが美味しいかやってみたいと思いました。今日のテレビをみてです。

ちなみに、柔らかいところが有りましたが、ちょっと抱け焼けていたところが有りましたが、油が乗るということの意味が少しわかったような気がしました。というのも、油臭くないというか、マッチしています。トロッという感じでした。でも美味しかったからよかったです。

 

ミカンも美味しくいただけました。これは、東京で買った新ものでしたので、ちょっと値段も高かったのですが、新年ですので、食べたらとても美味しく、酸味が少なく、しかし甘いという感じのことをいってました。その人いわく。でも確かです。それも、家でよく食べていたので、美味しかったです。味は覚えてます。味覚かな。これって、来世まで、持っていく感覚です。故に、自分の生活をその分相応似合ったことをした方がいいということです。それが自分の肯定ということです。それが感謝の印でもあります。よって、そこで、心の考えができるかどうかです。それができるかどうかで、また、徳を積めることができるかどうかです。心は一概には言えません。それを理解できるかどうかで、縁も変わります。縁という言葉の使い方がわからないというか、間違っています。

 

よって、五感ということです。来世のために、今味わっている苦しみをまた味わうとなると、嫌ですので、そのためにも、環境や友人関係をしっかりと、縁も深く、そして、禅語での、この星空のしたに同じ考えの人がいるということを知っていれば、心強くなります。それが、本当の強さであり、しかし、これが別のところにいくと、反にもなりかねません。それだけ、社会のなかにあることは反対に言えば、怖いです。

 

これが、どこかの成り立ちです。確か本を読みました。その人はイギリスに移住し、その親族も了解を得て、本を出したそうです。まさに、関与した本人の手記ですから。

 

規制反対に言えば、発送のテンカンができなく、能力が伸ばせなくなりかねません。ましてや、壊れているのにです。本来の縁でなくなっている部分がありますので、これも厄介です。にているということです。それってどっちです。いつも誤解されて、大変です。歯科hし、本来の無であればということも有ります。やはり、頭のいい女性といる方が楽しいですね。面白い。それにマナーです。そのようなけなしではなく、肯定ということはどういうことか、こればかりは、学ばないと行けません。でも、さすがです。というお店でした。でも、おかねを使うから何て、言う誹謗も有りますが、これは、に日リズムであって、相手にする必要は有りません。しつけです。それなら、またです。さすが、大本山です。近くに無論、神社もありましたが。それは必須です。私はどちらかと言うと、大本山のほうが、ご縁があるみたいです。それは礼儀でも有り、しかし、そのお寺ということは生まれ育ったところとおもいます。なので、昔、2001年の時、あの、原宿にある、神社にいってよかったとおもいます。

皆さん、ケアを忘れずに。自分も楽しむことを忘れないように、自分が楽しまないと、自分の心が苦しみます。それにやり過ぎると、どうなるかというかと言うことを考えると、自分のエゴではないと言うことです。必ず、支障は出てきます。それを理解していないから、わからないと言う、それをエゴといいますが、それは違います。自分が守るべきもを小さくとも、守っていれば、それは決して、エゴではないはずです。そこに、人がいますから。ただ器の問題であり、その人自身がどうとらえるかの問題であり、それは自分の口、好き嫌いという言葉を使えば理解できると言う、レベルの低い状態であります。それを縁といっては人を怖し、対立させています。だったら、現実でといいたい。と言えるぐらいの賢さ、が必要です。それを屁理屈理解できません。でも、そのような意見はどちらかと言うと、悪玉の方が得意かも知れません。それがよく成長することであり、勉強だけでなくと言うことです。

 

でもさあ、今までどこまでやっていたんだろうと、結果をも、みてみたいです。例えば、仕事での反省会ということかな。しとり岳でなく、どれだけの人が、動いて、土のようなことをしたのかです。それが、努力をみていると言うことです。みていない人は、上にたつことは無理です。

そして、責任です。自分がやったことにたいしての、責任をも他おらずに固唾けテクれると言うしつけはないはずです。それはおやのしつけが悪いだけです。じゃあ、どこまでということになりますが、それは人それぞれ、それも器でしょう。あまり言いたく有りませんが、それが見栄ということも有りますので。プライドです。しかし、ということです。その見方も様々です。本来は、反対で、友人や、信頼おける関係岳に見せる顔ということと言うべきでしょうか?それを多くの人に見せるから、誤解が商事、いやがらせです。しかし、それができる人は社会的にうまくいくはずです。できない人が、プーでした。それは社会の常識にかけているということです。それを怖し、勝手にSBD、密教をやって、みていると言うことです。これって、破壊者ということです。密教の掟の波紋になることです。これは、無限地獄といわれています。

 

本来の正しい、密教のあり方を知らないからです。正しい仏教を知ることにより、無知がとれます。それだけで、間違った宗教には引っ掛かりません。それをも、わからずにです。そして、教えてもらえると言う甘い気持ちはよくないことです。すべてにおいて、それは言えることですので、人から教えてもらえるまで、待っていると言うことはすでに、バカ。ナにをしても、夢は叶わないはずです。それを教えると言うことはどう言うことなのか全く理解できずに、そして、そのような人が成功しても、です。傲慢です。故に昔からにしつけは町があっていないと言うことです。これはすでに結果も出ていますので、その結果を知りたければ、その人にいった方がいいかも。無だと言うか、同じことを繰り返すとまた笑われます。おろかというよりです。

 

それを言われなきゃわからない人は、成功しません。どこかで、妥協でしょう。自分で考えられるかどうかです。それからは、同じ過ちをおかさないとおみます。でもっていう人もいますが。これが果たして、自己愛着の問題になるかです。これからがおかしい見方のひとつです。でも大体、そういうのって、同0愛になります。考えを変えることによりです。

 

 

ちなみに、ボソボソとあってもです。状況をハークしていないとわかるのは自分ですから、全く信用できません。違いますから。それを信じるのはちょっとおかしい。

順に考えていくと、理解できますが、これもまた、見栄での喧嘩。浸かります。ある程度、肯定していくと、自分の業ではない限り、昇華というか、最初は平気ですが、だんだん、疲れてきます。それが、元々の自分の心だったのでしょう。そして、です。そうではない人が、その心です。早くに足を洗わないとです。そういう意味では、化なり、壊れていたと言うことです。自分でも気がつかないうちにです。それだけ、メンタルは怖いです。いつの間にかです。よって、多くが鬱の状態も多いはずです。それをよかれと、あげられても、いい迷惑です。さあ、どちらが、サットバです。

 

結局、どこかでは2つに別れます。どちらがいいかといいますが、正しいかです。いい迷惑です。それがこちらの始まり立ったような気がします。私もそうでした。なんだか、ぼつぼつとありました。が気がきかないと、それで、自分をコブして、それで、きちんとしたことを覚えています。大変に疲れた。でもそれって、空気?それを正しく直そうとするからおかしくなるひとも、います。それが、メンタルが壊れるとです。同0愛です。チャクラも同じです。よって、神秘力ということでしょう。新道の教えに有ります。それをも、無視するからです。

 

そして、いい人材をいかに選ぶかです。早くにそのような対応をしておけば、会社としては、人材育成として、おかねをかけるだけで、やめる人は少なくなります。いかに、キープするかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は。

御宿から帰ってきました。日蓮宗大本山にもいってきて、近くの海のお店でお魚を食べてきました。とっても美味しかったです。新鮮というより、なんだろう。よく昔家で食べていた味ににています。また、切り干し大根や、お付けものも手作りで実家の時を思い出しました。外食はあまり美味しくないです。ぶり焼きを頼みました。色々のなみなとのお店にいって、ぶりが一番どこが美味しいかやってみたいと思いました。今日のテレビをみてです。

ちなみに、柔らかいところが有りましたが、ちょっと抱け焼けていたところが有りましたが、油が乗るということの意味が少しわかったような気がしました。というのも、油臭くないというか、マッチしています。トロッという感じでした。でも美味しかったからよかったです。

 

ミカンも美味しくいただけました。これは、東京で買った新ものでしたので、ちょっと値段も高かったのですが、新年ですので、食べたらとても美味しく、酸味が少なく、しかし甘いという感じのことをいってました。その人いわく。でも確かです。それも、家でよく食べていたので、美味しかったです。味は覚えてます。味覚かな。これって、来世まで、持っていく感覚です。故に、自分の生活をその分相応似合ったことをした方がいいということです。それが自分の肯定ということです。それが感謝の印でもあります。よって、そこで、心の考えができるかどうかです。それができるかどうかで、また、徳を積めることができるかどうかです。心は一概には言えません。それを理解できるかどうかで、縁も変わります。縁という言葉の使い方がわからないというか、間違っています。

 

よって、五感ということです。来世のために、今味わっている苦しみをまた味わうとなると、嫌ですので、そのためにも、環境や友人関係をしっかりと、縁も深く、そして、禅語での、この星空のしたに同じ考えの人がいるということを知っていれば、心強くなります。それが、本当の強さであり、しかし、これが別のところにいくと、反にもなりかねません。それだけ、社会のなかにあることは反対に言えば、怖いです。

 

これが、どこかの成り立ちです。確か本を読みました。その人はイギリスに移住し、その親族も了解を得て、本を出したそうです。まさに、関与した本人の手記ですから。

 

規制反対に言えば、発送のテンカンができなく、能力が伸ばせなくなりかねません。ましてや、壊れているのにです。本来の縁でなくなっている部分がありますので、これも厄介です。にているということです。それってどっちです。いつも誤解されて、大変です。歯科hし、本来の無であればということも有ります。やはり、頭のいい女性といる方が楽しいですね。面白い。それにマナーです。そのようなけなしではなく、肯定ということはどういうことか、こればかりは、学ばないと行けません。でも、さすがです。というお店でした。でも、おかねを使うから何て、言う誹謗も有りますが、これは、に日リズムであって、相手にする必要は有りません。しつけです。それなら、またです。さすが、大本山です。近くに無論、神社もありましたが。それは必須です。私はどちらかと言うと、大本山のほうが、ご縁があるみたいです。それは礼儀でも有り、しかし、そのお寺ということは生まれ育ったところとおもいます。なので、昔、2001年の時、あの、原宿にある、神社にいってよかったとおもいます。

皆さん、ケアを忘れずに。自分も楽しむことを忘れないように、自分が楽しまないと、自分の心が苦しみます。それにやり過ぎると、どうなるかというかと言うことを考えると、自分のエゴではないと言うことです。必ず、支障は出てきます。それを理解していないから、わからないと言う、それをエゴといいますが、それは違います。自分が守るべきもを小さくとも、守っていれば、それは決して、エゴではないはずです。そこに、人がいますから。ただ器の問題であり、その人自身がどうとらえるかの問題であり、それは自分の口、好き嫌いという言葉を使えば理解できると言う、レベルの低い状態であります。それを縁といっては人を怖し、対立させています。だったら、現実でといいたい。と言えるぐらいの賢さ、が必要です。それを屁理屈理解できません。でも、そのような意見はどちらかと言うと、悪玉の方が得意かも知れません。それがよく成長することであり、勉強だけでなくと言うことです。

 

でもさあ、今までどこまでやっていたんだろうと、結果をも、みてみたいです。例えば、仕事での反省会ということかな。しとり岳でなく、どれだけの人が、動いて、土のようなことをしたのかです。それが、努力をみていると言うことです。みていない人は、上にたつことは無理です。

そして、責任です。自分がやったことにたいしての、責任をも他おらずに固唾けテクれると言うしつけはないはずです。それはおやのしつけが悪いだけです。じゃあ、どこまでということになりますが、それは人それぞれ、それも器でしょう。あまり言いたく有りませんが、それが見栄ということも有りますので。プライドです。しかし、ということです。その見方も様々です。本来は、反対で、友人や、信頼おける関係岳に見せる顔ということと言うべきでしょうか?それを多くの人に見せるから、誤解が商事、いやがらせです。しかし、それができる人は社会的にうまくいくはずです。できない人が、プーでした。それは社会の常識にかけているということです。それを怖し、勝手にSBD、密教をやって、みていると言うことです。これって、破壊者ということです。密教の掟の波紋になることです。これは、無限地獄といわれています。

 

本来の正しい、密教のあり方を知らないからです。正しい仏教を知ることにより、無知がとれます。それだけで、間違った宗教には引っ掛かりません。それをも、わからずにです。そして、教えてもらえると言う甘い気持ちはよくないことです。すべてにおいて、それは言えることですので、人から教えてもらえるまで、待っていると言うことはすでに、バカ。ナにをしても、夢は叶わないはずです。それを教えると言うことはどう言うことなのか全く理解できずに、そして、そのような人が成功しても、です。傲慢です。故に昔からにしつけは町があっていないと言うことです。これはすでに結果も出ていますので、その結果を知りたければ、その人にいった方がいいかも。無だと言うか、同じことを繰り返すとまた笑われます。おろかというよりです。

 

それを言われなきゃわからない人は、成功しません。どこかで、妥協でしょう。自分で考えられるかどうかです。それからは、同じ過ちをおかさないとおみます。でもっていう人もいますが。これが果たして、自己愛着の問題になるかです。これからがおかしい見方のひとつです。でも大体、そういうのって、同0愛になります。考えを変えることによりです。

 

 

ちなみに、ボソボソとあってもです。状況をハークしていないとわかるのは自分ですから、全く信用できません。違いますから。それを信じるのはちょっとおかしい。

順に考えていくと、理解できますが、これもまた、見栄での喧嘩。浸かります。ある程度、肯定していくと、自分の業ではない限り、昇華というか、最初は平気ですが、だんだん、疲れてきます。それが、元々の自分の心だったのでしょう。そして、です。そうではない人が、その心です。早くに足を洗わないとです。そういう意味では、化なり、壊れていたと言うことです。自分でも気がつかないうちにです。それだけ、メンタルは怖いです。いつの間にかです。よって、多くが鬱の状態も多いはずです。それをよかれと、あげられても、いい迷惑です。さあ、どちらが、サットバです。

 

結局、どこかでは2つに別れます。どちらがいいかといいますが、正しいかです。いい迷惑です。それがこちらの始まり立ったような気がします。私もそうでした。なんだか、ぼつぼつとありました。が気がきかないと、それで、自分をコブして、それで、きちんとしたことを覚えています。大変に疲れた。でもそれって、空気?それを正しく直そうとするからおかしくなるひとも、います。それが、メンタルが壊れるとです。同0愛です。チャクラも同じです。よって、神秘力ということでしょう。新道の教えに有ります。それをも、無視するからです。

 

そして、いい人材をいかに選ぶかです。早くにそのような対応をしておけば、会社としては、人材育成として、おかねをかけるだけで、やめる人は少なくなります。いかに、キープするかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は。

いつもよりも体操ができました。特に足のこうしゅくから、病気が始まります。よって、体操でもいいですから、足の指の体操をしていくことで、体の状態がわかります。体が固いときとかも同じです。疲れから来る疲労です。さびから、病気を寄せ付けますので、日々体操、簡単なストレッチをすることにより、病気を寄せ付けなくなります。あとは栄養だけです。自分で体の状態を把握することも必要な時代です。気を使うということを理解していないからです。それだけ、変な考えの人が多いということです。そして、すこしづつ這い上がり、その時にはすでに遅しの時代で、誰もが苦しく生きていかなくてはいけないとおもいます。特に外国はです。

 

あとは、しつけによって、それが理解できるかどうかです。広ければ、その状態を理解できるか、狭いからというわけではなく、確かに、私の場合、広いところから、狭いところですが、広くても理解できることが、本来のことですので、それが、狭いと理解できたということです。マナーも同じです。

空気は大変、怖いです。よって、SBDもそれを、知ってかどうか理解できませんが、あのクキョウ次第の状態で、いることの怖さです。要は粒がついているかもしれないということと、感情です。いつのまにか、自分の体の状態が変化していることです。そして、自分でしょ、ということです。

 

今までは、煩悩等、繋がることもなく、自分でした。それが、感情やSBDをすることにより、強いて、言えばです。呼吸、もしくや、タイミング等影響を及ぼしています。

よって、才能のある人が、つぶれます。そこまで、気がつかないということです。無知が強いからですが。